2014年08月22日

『ハイキュー!!』待望の第11巻を買ってしまった!!


『ハイキュー!!』第11巻のマンガコミックをまんまと購入してしまったのです!!(笑)


なにか文章がおかしい前文ですが(笑)、それは、これまでマンガコミックを買ってこなかった『ハイキュー!!』を第11巻から買い始めてしまったって話なんです!!∩(≧∇≦)∩


数ヶ月前に始まった『ハイキュー!!』のアニメを観てどっぷりハマってしまった私が、アニメを見ながら、続きが気になり、他でマンガコミックを確認してしまって、この8月に発売した第11巻コミックを買ってしまったって流れになってしまうんです!!(笑)


そんな『ハイキュー!!』は週刊少年ジャンプで連載されている古館春一先生原作の熱い高校生たちのバレーボールという競技の中で闘って成長していく熱血部活漫画なんです!!


そして、『ハイキュー!!』の主人公:日向翔陽は小学生の頃見かけた地元出身の自分と同じ背の低い選手が背の高い選手たち相手に戦う姿に憧れて舞台となる烏野高校に入学してくるトコロから物語は始まっていくのです!!


この『ハイキュー!!』という漫画に関しては前々から知ってはいても、読まなかった漫画の一つだったんですが、先程言ったようにアニメを見て以来、ハマってしまった漫画になってしまったんです!!


今更な『ハイキュー!!』の説明をしたわいいんですが第11巻のマンガコミックは、物語の当初から言っていた高校バレーボール選手が一番と言っていいほど目指す大会春高バレーの予選に突入してしまうんです!!


実際、前巻までの第10巻までに『ハイキュー!!』では、インターハイ予選の闘い、敗退という経験を積んだ後、チーム力アップという物語の進行具合の後の今回第11巻のマンガコミックの話なんです!!


そして、ここで突っ込みを入れたいのが『ハイキュー!!』を読んで初めて最近の春高バレーが、1月開催になって3年生も出場しているって話になっているってことを知ったんですよね!!


昔私が通っていた高校では毎年バレー部が春高に出場していたので、時期的な話と流れみたいなものは知っていたので今回の『ハイキュー!!』を読んで、ビックリしたんです!!


そうはいっても、元々バスケが12月・1月にウインターカップやっているのになんでバレーだけって言うのは、私の中にも若干あったんで、『ハイキュー!!』を読んでもそんなにビックリするものでもなかったですけどね!!(笑)


若干というか、がっつり、『ハイキュー!!』第11巻のマンガコミックの話からずれてしまったんで、次回もこのテーマで行きたいと思います!!∩(≧∇≦)∩
posted by ウッド at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

『デストロ246』第4巻でもう一回!!


『デストロ246』最新第4巻の内容を前回に引き続き紹介していこうって思うんです!!(*^^)v


CIAの殺し宣告を受けての殺しが始まって物語スタートの『デストロ246』第4巻ですが、ファーストコンタクトで成功できなかったCIAの雇った首都圏最強の殺し屋沙紀とのカフェでの会話で和んだ話になるんです!!


その内容は相変わらずの『デストロ246』の“殺すけどいいよね!!”って話の延長戦で、受けた依頼は遂行しますから!!みたいな話なんです!!(笑)


そんな沙紀は、『デストロ246』の一番中心の問題提起と言っていい、有る企業社長婦人の復讐の為に雇われた2人組の殺し屋達のターゲットとなっている人物でもあるんです!!


それは、『デストロ246』の前巻である第3巻までの物語の中でそんな風になっているわけなんですが、今回の第4巻を読んでそれすら本当なのかな!?って思う感じが若干するんですよね!!


その上、『デストロ246』の所々で出てくるやくざな女子高生の立ち回りがどうにも危うい感じで綱渡りな上、そこから発信される情報ですべての問題がかき回されていたりするんです!!


そして、『デストロ246』第4巻で最初に問題になった主人公:的場伊万里が通う高校の女子高生殺害依頼の話は途中で、依頼者が死んであやふやとなるんですが、これまたヤクザな女子高生たちがまた敵となって物語をかき回していくのです!!


そんな同時進行で、『デストロ246』で最初に登場した2人組の殺し屋を雇った企業社長が婦人の敵と思われるべき人物である沙紀に殺されてしまい、雇われた殺し屋は野放しとなってしまうのです!!


殺し合いを繰り広げるキャラクターたちは、『デストロ246』第4巻のラストに有る大きな交差点で、すべてが絡み合ってしまい拳銃の打ち合いとなってしまい、ここで物語は終了してしまうんです!!


めっちゃ、これから〜〜〜って感じに盛り上がったところで終わってしまった『デストロ246』第4巻なんですが、ホント読み終わって思ったことが、全部出て買えば良かったかな!!?ってことなんですよね!!(笑)


前回もいったんですが、『デストロ246』の作者である高橋慶太郎先生の描くマンガの構成って、ホントハリウッド映画のように様々な事を同時進行に進めて絡め合わせながらラストに向かって突き進むんで予想できないんですよね!!


途中で若干のお腹いっぱいになっても、急に問題提起OR事件勃発なんで、『デストロ246』も気を安める時ってなんですよね!!(笑)


まぁ、そこが魅力なんで、『デストロ246』をやめられない理由なんですけどね!!(笑)


とりあえず『デストロ246』第5巻要期待ってことで、記事の方は終わります!!∩(≧∇≦)∩
posted by ウッド at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

薬用アットベリーは女性の気になる悩みを解消するトータルケアジェル!!


薬用アットベリーは自己処理・刺激・乾燥などで症状が出てくる黒ずみ肌トラブル対策解消を自宅で行う事のできる効果絶大激安黒ずみ解消トータルケアジェル!


気になるワキ・二の腕の黒ずみ肌から卒業できる薬用アットベリーは化粧水・美容液・乳液のオールインワンタイプの激安黒ずみ解消トータルケアジェル!


薬用アットベリーはナノ化成分のコラーゲン・ヒアルロン酸が肌にぐんぐんと浸透し、その効果を存分に発揮し潤い美肌に整える激安黒ずみ解消トータルケアジェル!


敏感肌の方の為の美白保湿ジェルとして開発された薬用アットベリーは女性の気になるデリケートな部分ケアを得意とする激安黒ずみ解消トータルケアジェル!
posted by ウッド at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『デストロ246』がやっとの第4巻!!


『デストロ246』の最新第4巻を手に入れてすぐに読みふけって貪ったわけなんです!!


そして、私の思う『デストロ246』最新第4巻の率直な感想は、“相変わらずだなぁ!!!”って言葉なんですよね!!(笑)


実際、『デストロ246』の第3巻を読んだのがいつなのか忘れてしまうくらい前の話なんで、今回読んだ時にこの話ってどこから来たのかな!?って本気で悩んだくらいだったんで、そういう話にもなる!って話なんです!!(笑)


そうはいっても、それだけで『デストロ246』がそういう感想になるわけでもないんですが、なんと言っても、女子高生が一流の殺し屋ってトコロから現実味のない物語なんで、その流れでぶっ飛んでるんです!!


ってな感じの結果、『デストロ246』の感想がそういう感じに終着してしまうんですよね!!∩(≧∇≦)∩


それに『デストロ246』って、ヤクザは出てくるわ!CIAは出てくるわ!なんですが、登場するキャラクターは女子高生や若い女性限定って話になんですよね!!(*^^)v


かなり、『デストロ246』って原作の高橋慶太郎先生の趣味に興じた作品になっているってことなんだろうって思うんですよね!!(笑)しかし、そんな突き抜けた作品って私って実は好きだったりするんで、まぁ願ったりかなったりなマンガだったりするんですけど!!


ってな感じの、『デストロ246』第4巻の始まりは、先程のCIAがいきなり主人公であり、まだまだ謎多き殺し屋的場伊万里に接触した上に、彼女の通う学校の学生を狙うからよろしく!!みたいな話から始まってしまうんです!!


『デストロ246』の最初の方から見え隠れする殺し屋でありながら何かしらの正義を持っている主人公:的場伊万里は、殺すと言われた女子高生をすかさず守るという選択肢を選んで、物語は進んでいくんです!!


この『デストロ246』って原作の高橋慶太郎先生の狙いでもあると思うんですが、この漫画開始当初から色々な問題提起をしたまま小さな物語を絡めて様々なキャラクター同士の接触をさせて話をどんどん大きくしてしまうマンガなんですよね!!


ホント、高橋慶太郎先生の描く漫画って『デストロ246』に限った事ではないのですが、脚本の作り方が映画っぽいんですよね!!特にハリウッド映画のような物語の展開なマンガなんです!!


ってな感じの漫画である『デストロ246』第4巻の進行状況は、当初のCIAの一人の女子高生の殺しって話ではなく、前から絡み合った問題であるある殺し屋との闘いも同時に描いていくんです!!


ちょっと話がごちゃごちゃになってきたので、ここで一度終了し、『デストロ246』をテーマに次回も書いていこうって思います!!(*^^)v
posted by ウッド at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

『絶対可憐チルドレン』最新マンガコミック第39巻!!


『絶対可憐チルドレン』の待望の最新刊が発売されたんです!!∩(≧∇≦)∩


前巻の『絶対可憐チルドレン』で現在のブラックファントムと戦いに向かったチルドレンたちが一足先に向かった悠里に襲われてしまうという展開になっていたところから始まってしまうのです!!


ブラックファントムの洗脳から解放された悠里が責任を感じて一足先に帰ったものの話をした家族というか『絶対可憐チルドレン』の最大の敵とされるギリアムに再洗脳されチルドレンと戦わせてそのまま全部をなくそうと爆弾投下という流れになっているんです!!


そんな切羽詰まった状況から開始する『絶対可憐チルドレン』第39巻は、暴走する悠里を止めることのできないチルドレンたちに助っ人として現れたのが未来から来たとされるフェザーでありその全貌が明かされてしまうんです!


フェザーとは、未来の明石薫を媒体にした何人ものエスパーたちの集合体だったってオチであり、『絶対可憐チルドレン』第39巻の最初に登場する助っ人とは、未来の有利本人だったんです!!


『絶対可憐チルドレン』の現在の遊里の前に現れた未来の悠里は、自分の生い立ちに関して悲観してばかりでなくその状況を作った家族をも許してしまおうというのです!!


完全にパニック状態の現在の遊里に未来の悠里は私自身が許すからみんなを許すということでパニックをなくそうとし、その効果が覿面に表れ『絶対可憐チルドレン』の物語は進んでいくのです!


そこからの『絶対可憐チルドレン』本編はとんとんと進み、爆発の中で行われていたその行為は成功を収めスーパー超能力者たちの薫たちが無事に脱出し、ことが済んでしまいます。


状況が終了し、『絶対可憐チルドレン』の中学生編の終了に向かって物語が簡潔に向かっていくわけですが、最初に出てくる場面が眼帯をした青年が”財閥”と名乗る人物でありどうもキーマンぽいんです!!・・・・・・が、


これって、“THE UNLMITED 兵部恭介”で登場するアンディ・ヒノミヤだろうって思うんですよね!!実際、この人物が最初に登場した時には『絶対可憐チルドレン』本編で出てきていない人物が説明もなしに、出てくるんだなぁって思ってたんです!!


実際、今言った予想に関しては『絶対可憐チルドレン』第39巻でも説明はないままだったんですが、”財閥”という組織の説明コマと思われる場面では、見覚えのある夕霧が登場していたので、間違いないとは思うですよね!!


しかし、“THE UNLIMITED 兵部恭介”でもその流れになる物語が明かされていないので、これからなのかなとは思うんですが、『絶対可憐チルドレン』に関しては、もっと先の話をしているようなんですよね!!(笑)


で、『絶対可憐チルドレン』の物語は、未来のキーワードであった遊里の現在での開放で、未来は変わってしまったのかという話になっていくのです!!


このままいくのも何なので、次回も『絶対可憐チルドレン』をテーマにこの続きを書いていこうって思います!!(*^_^*)
posted by ウッド at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

ドクターデオドラントは長時間のニオイ対策を行い方にオススメデオドラント!!


ドクターデオドラントは通勤・オフィス等で意外と気になる人の汗臭・ワキガ臭・足臭・加齢臭!同じく気になる自分のニオイ対策に効果絶大な激安消臭デオドラント!


汗をかいても誰にもバレずに長時間消臭したい方にオススメのドクターデオドラントはニオイの原因から消臭してくれる激安24時間消臭ミョウバンデオドラント!


ドクターデオドラントは使い続ける事で猛烈わき臭・デリケートゾーン臭・加齢臭・汗臭・足臭等のニオイが気にならなくなる激安24時間消臭ミョウバンデオドラント!


強力消臭効果の薬用ミョウバンせっけんで長時間持続を実現したドクターデオドラントは肌に優しく皮膚の健康を保ちながら強力なニオイ対策を行う激安消臭デオドラント!
posted by ウッド at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

美ごしかは健康な髪を育む環境を整えてくれるサロン品質シャンプー!!


美ごしかは敏感肌やお肌の弱い方や子供にも安心して使えるシリコンを始めとする成分を全て使わず美容室のような仕上がりを実現する激安シャンプー&トリートメント!

温泉水・火山白土・植物混合エキスを配合する美ごしかは高洗浄、血液循環、消臭、保湿効果を実感することのできる激安シャンプー&トリートメント!


美ごしかは“洗浄”“保湿”“頭皮のエイジングケア”の3ポイントを柱にし頭皮環境を整え健康な髪を育む激安サロン品質シャンプー&トリートメント!


頭皮も皮膚の一部と考える美ごしかは頭皮環境の老化対策でハリ、弾力、潤いを呼び戻すためのエイジングケアを実現する激安サロン品質シャンプー&トリートメント!
posted by ウッド at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『タナトスの使者』第3巻紹介続き!!∩(≧∇≦)∩


今回も前回に引き続き『タナトスの使者』第3巻を紹介していこうって思うんです!!


前回は、『タナトスの使者』第3巻をほぼ占める物語であった今生きている現状からいなくなりたい、今の現状は私を拒絶しているという感情に支配されている少女との関係を描く物語を紹介しました!!


この『タナトスの使者』で描かれた話自体は、私自身これからの将来に向けて覚えておかなければならない事のなのかな!!って、思わされた物語だったので、私的にはなんか深く浸透した物語になってしまいましたね!!


そして、『タナトスの使者』第3巻には、もう1つの物語が入っていて次の第4巻に続く前振りくらいしか描かれていない話にはなるんですが、これは、月刊アフタヌーンという大人雑誌に描かれる難しくお色気ありと大人な物語となるんです!!


その『タナトスの使者』の物語は、赤坂の会員制の高級クラブから始まるわけなんですが、さすが勇午を描く赤名修先生の描く絵はめっちゃ色っぽい女性が登場し男としては漫画の世界に引き込まれてしまうんです!!(笑)


まぁ、実際高級クラブって言ってもあんな風ないい女っているのかな!!っては思うんですが!!(笑)『タナトスの使者』がやっと大人な問題をテーマにした漫画に突入してきたんだなって感じなんですよね!!


とはいうものの話を戻すと、『タナトスの使者』の主人公:日本タナロジー学会の来島明良は飲みに行くことで依頼者と会うのかなって思っていたら、場面が日常に変わって、お店で付いた女性が依頼者であるという展開だったんです!!


その女性はお金というもので苦労した反動で夜の世界に入り、違う世界を手に入れたモノの今生きる事を拒否する人間だったんですが、そんな説明では『タナトスの使者』の日本タナロジー学会来島明良は一蹴して断るんです!!


しかし、この『タナトスの使者』の話にはまだまだ裏があったんです!!


ココからが『タナトスの使者』が難しく大人なテーマでマンガを描いていく事に繋がっていきそうな展開になっていくのですが、そんな事情の説明に突入するトコロで今回の第3巻は終了してしまうんです!!


そして、『タナトスの使者』第4巻に続くとなって、めっちゃ興味だけ残されてモジモジしてしまうんです!!


とりあえず、面白い話が始まった『タナトスの使者』は第4巻に要期待って事で待つしかないんです!!
posted by ウッド at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

『タナトスの使者』最新第3巻発売!!


『タナトスの使者』のマンガコミック第3巻が遂に発売になったんです!!∩(≧∇≦)∩


今回やっと半年ごしの最新刊ってことで私的に結構楽しみにしてた『タナトスの使者』の最新話なんですが、そんな期待にこたえるように今回の物語は私のテンションをマックスにあげてくれる物語だったんです!!


そんな『タナトスの使者』第3巻のマンガコミックに描かれる依頼者というか、ターゲットというか、そんなこの世に居たくないと願う人物は2人で第3巻のほぼを使って描かれる対象は中学生の女の子なんです!!


他から見れば、『タナトスの使者』の主人公:来島明良が中学生の女子のに話しかけている現場自体が若干違和感のある現場ではあるんですが、そんな場面でさえもなんか引きこまれる場面として描いてしまう赤名修先生ってスゴイなって思ってしまうわけです!!


原作:吉田穣先生、漫画:赤名修先生の描く『タナトスの使者』は、今回のテーマはまさに月刊アフタヌーンで描いているだけの深くくらい人の深層心理を描く物語で、現在の中学生の女の子の抱える問題に正面から向き合うところはなんか引きこまれましたね!!


それに、私自身のように結構いい年になって世の中をどのように歩くのかが分かってきた大人には理解できても世界のせまい子供には分からずに悩む問題の向き合い方って言うのを今回の『タナトスの使者』で教えられたような感じになったんですよね!!


そんな今回の『タナトスの使者』の対象者である中学生の女の子の抱える問題とは、進学校に入学してモノの自分の思うように学力が伸びず目標は持っていてもどうにもならない事に対して周りの大人が理解してくれないという事なんです!!


その状態の中で一人で悩むその対象者に対して、『タナトスの使者』の今回の死の品定めでは、“死”という事、“生”という事を身をもって知るという、寺での修行を体験するという事なんです!!


そもそも『タナトスの使者』のテーマが“生”と“死”という、人間の最大のテーマを掲げた漫画になるのですが、そんな問題を今回の対象者に中学生の女の子を持ってくる事で、誰にでも存在する問題であり、ホント深い問題だな!!って再認識してしまいましたね!!


実際、私には子供がいないので今回の『タナトスの使者』のような話というモノは間近にある問題ではないのですが、でも、この漫画には重要だからしっかりと覚えておかないとダメだよって言われているようにも感じた物語だったんです!!


ココまで記事を書いてきましたが、まだまだ書き足りないので次回も『タナトスの使者』で行きたいと思います!!∩(≧∇≦)∩
posted by ウッド at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

オールインワン化粧品情報サイト!!


オールインワン化粧品は化粧水、乳液、美容液、クリーム等の機能を通常バラバラで行う美容サポート機能を1つで役割を果たしてしまう化粧品!!

洗顔後に行うオールインワン化粧品が多く開発されています。

特にオールインワン化粧品は化粧や美容サポート時間を短縮したいと願う女性の為に開発されているようです!!

最近は、保湿を重要視するエイジングケアを考えた“水分”“油分”“美容成分”の3成分を黄金比のバランスで配合するオールインワン化粧品も増えています!!

posted by ウッド at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。